本物の熨斗(のし)袋

のし

みなさんは熨斗(のし)袋ってどんな袋かご存じですか?

こんなイメージでしょうか。
のし袋

熨斗(のし)袋とは「熨斗(のし)」のついた祝儀袋のことです。
熨斗紙
※熨斗紙のイメージは熨斗紙素材館さまより

もう少し厳密にいうと、こちらのこと。

熨斗(のし)とはのしあわびのことでアワビを熨(の)して乾燥させたもの。
熨斗を販売されている兵吉屋さんによるとあわびを薄く剥いて乾かし竹筒など円筒形のもので伸ばしたものだそうです。鮑(あわび)は100年~150年位生きる貝のため長寿のおめでたい貝であり不死の象徴としてお供え物の1つとして使われてきたそうです。

さて、そんな熨斗(のし)。
現物がどのようななものか気になって買ってみました。

中は真空パックでした。匂いはあるのかな…(実はまだ開けられていません)

厚さは1~2ミリ程で、たとえるならあたりめをさらに薄くした感じでしょうか。

昔は保存食とされていたこともあるようなのですがこれ、食べられるのかな…

こちら、こんな声をいただきました。
 鮭とばにも見える…(そうです)
 エイヒレにも見える…(そうです)

美味しそうに見えることは間違いありません。笑
開封をすると保管に困りそうなため、ひとまずこのままです。

話を戻しますが、現代の熨斗(のし)はプラスチック製のものか印刷されたものがほとんど。
お中元・お歳暮コーナーでは「『熨斗(のし)』をつけますか?」と聞かれることがありますが、正確には「熨斗(のし)紙をつけますか?」が正しい表現ですね。

個人的な印象ではありますが、祝儀袋・不祝儀袋の両方をあわせた意味で「のし袋」と表現をされるケースもあります。
私自身も実は最初、熨斗袋は祝儀・不祝儀両方を含めた呼び方なのかと思っていました。
細かい部分を気にするときりがありませんが日本のよき文化だと思いますので熨斗袋がこれからも永く続いてほしいですね。

関連記事一覧

人気記事