逃げ恥婚!文字の中にあるも~の♪星野源さんと新垣結衣さんの筆跡

星野源新垣結衣

大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で共演された星野源さんと新垣結衣さん!

ご結婚の発表がありましたね。

結婚発表の文章はパソコンでしたが、最後の署名は手書きで書かれていましたので、可能な範囲で筆跡診断をさせていただきます。

星野源新垣結衣
※画像はデイリースポーツさんのサイトに掲載されていたものをスクリーンショットさせていただきました

筆跡診断を…と、書いておきながら実は、文字数が少ないため正確な診断ができません。汗
今回のように字数が少ない(名前のみ)と、たまたまそういう書き方になってしまったということもあるため、通常は一定の文字数が必要です。
そのため、インターネットでお二人の直筆と思われる、字も参考にしながら解説をさせていただきたいと思います。

まずは星野源さん。

開空間(かいくうかん)広め
偏と旁の間の空間を開空間といいますが比較的空いています。「野」に関しては予の字の横線が偏に寄っていますがインターネットで星野さんの過去の直筆メッセージを拝見したところ全体的には広い特徴がピックアップできました。
開空間が広い字の方は包容力に富む性格です。組織を束ねるのが得意な方にも見られる特徴です。職人的なスタイルではなく、世の中の流れや周囲の反応などにアンテナを張りながら、ご自身のアーティスト活動に生かしていかれるタイプではないでしょうか。

空間つぶれ
野
「野」の字の田の部分の空間がゆがんでつぶれかかっています。先日診断したさらば青春の光 森田さんの筆跡にもありましたが空間のつぶれは心のどこかに苦しい、つらい部分を持っていることを表しますが、実は創作活動をする芸術家にもよく見られる特徴です。何かを生み出す時に心のどこかに圧がかかるのかもしれません。

ハネ弱め
ハネは弱め。場合によってはハネのないものあります。ハネが弱いのは1つのこだわりすぎない軽快さが特徴です。

なお、星野さんの直筆の字はインターネットで比較的確認をすることができました。今回の名前からピックアップできる筆跡特長いがいの特徴もたくさんありましたので、機会があればまた紹介させていただきたいと思います。

続いて新垣結衣さん。

ハネ強
ハネが強くはねられていますので粘り強い努力型です。

文字の高さに若干のズレ
1字1字の字の高さがズレていて、どことなく文字列が上下に動いています。そぶりは見せなくても実は色々なことに興味を持っている視野の広さとマイペースさ、そして思い立ったらすぐに行動を起こす一面もお持ちです。

また、星野さんのお名前に比べると一回り小さくお名前を書かれていますので、空気を読み、一歩下がる控えめさなどもお持ちかと思われます。

最後にお二人に共通する特徴です。
星野源新垣結衣
起筆すなお
線の最初の打ち込みの部分を起筆といいますが、起筆に書道のようなひねりなく素直な性格。

接筆が閉じている
「口」の字でいう縦横が接する部分を接筆(せっぴつ)といいますが、これに相当する部分がお二人ともすべて接して閉じています。※星や源や垣の「日」、野の「田」、結の「口」の部分
接筆が閉じているのはまじめな性格を表します。

字の大きさがそろっている
気分に左右されにくく、コツコツ積み重ねることが得意な性格。

お二人ともまじめで素直な性格です。字の大きさがそろっていることから、リスクを取るよりも安定成長志向タイプなところも共通しています。
星野さんは字からもアーティストな一面が見受けられ、こだわりすぎないさっぱりした性格。包容力がありますので、居心地よい方とお見受けします。新垣さんは控えめで自己主張しすぎない性格。そして星野さんを陰で支える責任感をお持ちです。責任感の強さからご自分でため込みすぎてしまうことがあるかもしれませんが、器の大きな星野さんが上手くフォローをする、そんなお二人の姿が、字からは想像できます。

お二人の末永い幸せと今後のますますのご活躍を祈念しております。

今回はお二人の直筆の署名に加えてインターネットで直筆と思われるメッセージを参考に筆跡診断をしています。

関連記事一覧

人気記事

Instagram @shommelier